レーシック手術について

レーシックとは角膜にレーザーを当てて屈折を矯正する術式で、これにより視力を向上させることができます。1990年代頃よりアメリカなどで普及し始め、日本でも2000年に手術に用いられるレーザー機器が認可されて始まりました。手術の流れは、レーザーを当てて角膜の表面を薄く切開し、露出した内部にレーザーを当てて一部を削ります。そして切開した角膜表面を蓋のように接着させ元の状態に戻すというものです。これにより角膜の中央部が薄くなり、凹レンズを用いたような効果が得られ視力が矯正されます。

視力は手術終了直後から一日ほどと短時間で矯正されます。視力の安定には概ね一ヶ月程を見る必要がありますが、ほとんどの患者が裸眼視力が1.0以上に向上します。蓋のように接着した角膜表面は時間とともに強度が増し元の状態に近づきますが、完全に元に戻ることはありません。よって顔面に強い圧力を受けると、固定した角膜表面にずれが発生する恐れがあるため、格闘家や激しい接触があるスポーツの選手などにはあまり向いていません。また角膜が薄い場合や近視が強すぎる場合にも手術は難しく、それらの場合には角膜内部ではなく直接表面を削る角膜表面照射と呼ばれる術式が用いられます。